Loading

今日は小ネタです(まあいつもですが)。

 

先日購入して、超お気に入りのカラディウム・リンデニー

 

 

カラディウム・リンデニー

ジュートの鉢カバーを被せて爽やかなイメージに仕立てたんですが、そしたらなんだか、このくびれの部分が訴えかけてきます。

「紐を巻いてくれ、と(笑)」

 

 

というわけでさっそく渋谷の東急ハンズさんへ行き、こんな革ひもをGET。

 

ディアスキン。鹿革ですね。

 

スエード独特のくたっとした質感と風合い。すこしイエローがかった色味もいい感じです。

 

カラディウム・リンデニー

それをくびれのところにラフにギュッと。

細かいところですが、こんなディティールにこだわってみるのも楽しいものです。

正直、機能的にはなんの意味もないですが、そんな無駄な遊び心が少しだけインテリアを楽しくしてくれます。

そして無駄な遊び心ってすごく大切な気がします。

 

合理性を求めることはもちろん大事ですが、すべてに意味とか効率を求めるとなんか疲れちゃいますよね。

抜くところは抜いて、もっと遊んでいきましょう。

 

created by Rinker
協進エル(KYOSHIN ELLE)
¥1,143 (2019/05/23 16:20:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

窓際 観葉植物

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top