Loading

解決のそぶりをみせたものの、残念ながら不発に終わってしまったオブジェの上のディスプレイ。

 

 

しかし、このままの勢いでその宿題を解決すべく、グリーンハントに訪問したのはこちら。

 

南青山のSOLSO PARKさん。

種類豊富なこちらなら、ぴったりの植物に出会える可能性が高そうです。

 

ちょっとおさらいですが、置きたい場所は木彫りのオブジェの上。

この場所は光も風もあまり豊富でないので、置ける植物も限定されてしまいます。

耐陰性がある植物、といって真っ先に思いつくのはシダ系。

ここはいっちょ、シダ系オンリーに照準を絞ってセレクトすることにします。

 

 

この時期のSOLSO FARMさん、そこまでシダ系のバリエーションが豊富ではなかったんですが、そんな中から今回選んだのはこちら。

 

アスプレニウム・エメラルドウェーブ

シダ系のイメージに反して、鮮やかなグリーンの葉色と広がりのある形が力強く、ポップな雰囲気。名前も優雅です。

 

そんな名前のとおり、ウェーブ状の葉が最大の魅力。

先日ご紹介したエスキナンサス・ラスタといい、植物の葉の形って、ほんとに多種多様だなと、あらためて気づかされます。

 

さっそくON。

ここに置くとなると下垂系をイメージしますが、今回は上へ伸びる爆発ヘア系イメージ。

なんとなくのイメージソースはデヴィッド・リンチかな。

あたたかくなるまで植え替えはせず、プラ鉢のままでいきます。

 

ようやくまた、パズルのピースがひとつハマりました。

 

アスプレニウムをはじめとするシダ系の植物は、総じて乾燥に弱いので、水切れだけには要注意です。

あと、毎日の霧吹きもかかせません。

けっしていいとはいえない環境で頑張ってくれるので、これくらいのケアは当然ですね。

 

一口にお部屋の中、と言っても、環境の違いは驚く程さまざま。

その違いと植物の特性を理解して、適材適所の組み合わせを楽しんでいきたいものです。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top