こんにちは。SHINPEIです。

HAY TOKYOさんのざっくりレポート、今回が最終回。

ショップを彩る植物編です。

 

HAY TOKYOさん、ショップデザインやプロダクトはもちろん素敵だったんですが、目をひくのがフロアに点々とディスプレイされた植物。

これはぼくが植物好きだからっていう理由だけじゃなさそうです。

というのも仕立てがダイナミックで、迫力がすごい。

たとえばこちら。

 

いかがでしょう。すごくないですか?

 

別角度から。広々とした空間を贅沢につかってます。

ちなみにこの角度、HAYのスタッフさん直々に教えて頂きました(笑)。

ホスピタリティもすばらしいのです。

 

見慣れているはずのモンステラだってこのとおりの迫力。

地面にうつった影はもちろん計算してのことでしょう。

モンステラの魅力をあますところなく引き出してます。まさにモンスターといったところ。

 

写真では伝わりづらいんですが、この植物もとてつもない迫力でした。

 

すぐそばまで行ってみあげたところ。

これかがんだりせずに、立ったまま見上げてます。

その大きさが伝わるかと。

広がりかけの葉がまたすごいダイナミックなんですよね。

 

根元にパネルがあるので見てみると、、

そう、この植物達、HAYさんとさんのコラボレーションだったんです。どうりですごいわけだ、、

 

叢さんといえばいわずもがな、植物好きにとってはカリスマ的存在。

植物をアートにまで昇華させた先駆者です。

夏にはじめて広島のショップを訪問させてもらいました。

 

正直、叢さんはサボテンや多肉のイメージが強かったので、こちらにある葉ものがそうであるとは気づきませんでした。

おそらく地下なので、環境を考慮にいれてのことなんでしょうね。

 

そしてスタッフさんより耳寄りな情報をうかがいました。

正確な時期は未定(おそらく年内)ですが、ここHAY TOKYOさんで叢さんの植物の販売を予定しているとのこと。

叢ファンならず、植物好きは楽しみ過ぎますね!

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend