こんにちは。SHINPEIです。

休日の始まりにコーヒーを入れて飲むときにおすすめの音楽を、ぼくの少ないレコードの中から(笑)ピックアップした第3弾。

 

今日も5枚です。さっそくどうぞ。

 

① Mac DeMarco 『THIS OLD DOG』

カナダのシンガーソングライター、マック・デマルコの2017年発表の3作目のアルバム。割と新しめです。

ブルース・コバーンといい、最近カナダのSSWが好きです。なんかゆるくてリラックス感がある。

このアルバム、ジャケからしてもうゆるさ全開ですが、中身もゆるゆるで最高。

全体的にペラペラな(良い意味で)演奏と歌がリラックスタイムにぴったりです。

全部いいけど、5曲目のこちらが晴れた日にぴったり。

 

 

続いてはこちら。

 

②Kalyan 『Kalyan』

トリニダート出身の14人編成バンドの1977年作のファースト。

全体的にチャカポコした、陽気でトロピカルな雰囲気漂う1枚。

ソウルフルでグルービーな割に、軽めの仕上がりでリラックスして聴ける、海を感じるアルバムです。

こちらも晴れた日に。

 

続いてはこちら。

 

③Neil Young 『AFTER THE GOLD RUSH』

ニール・ヤング大好きなんです。

こちらは言わずと知れた1970年発表の傑作3rd。

昔から好きすぎてたまらない、3曲目の『Only Love Can Break Your Heart』

浅煎りコーヒーに合いそう。

 

 

4枚目はこちら。

 

④The Mamas & The Papas 『People Like Us』

以前下北沢にあったレコードショップ、otonomadさん(最高のショップでした)で購入した1枚。

店主さんにすばり、『朝、コーヒーに合う1枚ありますか』と伺っておすすめされたアルバムです(笑)。

メンバー感のゴタゴタで69年に解散するも、レコード会社との契約問題で一時的に再結成して71年に発表したラストアルバム。

製作過程は大人の事情満載ですが、9月の秋風のように爽やかな印象です。

 

9曲目の『Pearl』がお気に入り。

 

 

最後はこちら。

 

⑤Ludovico Einaudi 『I Giorni』

イタリアはトリノのピアニスト、ルドヴィコ・エイナウディの2001年作。

音楽もさることながら、ジャケット、装丁にいたるまで、全てがあまりにも美しすぎる全編ピアノの1枚。

ものすごく手垢のついた表現ですが、『心が洗われるような1枚』。

叶うことなら5月のエーゲ海を眺めながら聴きたい。

一日を優雅で落ち着いた気持ちでスタートさせるのにぴったりです。

 

生命の素晴らしさを感じさせる人生讃歌。

 

 

以上5枚でした。

晴れた一日をこんな曲たちを聴きながらスタートさせたら最高です。

皆さまもよい休日をお過ごしくださいませ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend