こんにちは。SHINPEIです。

リビングやベッドルーム、いろんな場所を経てバスルームに辿り着いた我が家のボストンファン。

こちらがいたくお気に入りのご様子です。

 

ボストンファン

見た目にも、柔らかな光を受けた葉がそれはそれはきれい。

 

ボストンファン

ここ最近で明らかに伸び率が上がってきてるなーと思いつつどうやったら分かりやすく長さの遍歴を比べられるかと考えたら、、ひとつ方法がありました。

 

以前アップしたこちらのブログ。

 

暇だったのでうちの観葉植物たちを木彫りの人形に乗せて遊んだ記事。

その中のひとつにこんな画像がありまして。

 

ボストンファン

そう、これにまた乗せてみれば、どれだけ伸びたかが目視しやすいはず。

さっそく乗せてみましょう。

 

うん、やっぱり伸びてますね!(ちょっと寝癖ついてるみたいだけど)

引きで撮らないと全体が入りきらなくなってます。

鉢なんて見えなくなってるし。

せっかくなんでちょっと枯れた部分などをハサミで切ってると美容師気分。

 

ボストンファンはシダ系なので多湿好き。なのでバスルームに置くのはうってつけです。

ただここがポイントなのですが、風も大好きなんですよね。

なので『やわらかい光があたる北向きの窓際のバスルーム』。要するにうちのバスルームは期せずしてぴったりの環境だったというわけです。

 

ちなみに置いているところはこんな感じ。水がでるところですが、鉢には掛からないようにしてます。

底を安定させるために大粒の砂利を置いたり。

 

ボストンファンは繊細な植物なので、枯らしてしまったという方は割と多いかもしれませんが、環境さえ合えばさほど神経質にならずともすくすく育ってくれます。

太陽の熱には弱いので、西向きの窓際は避けたほうがいいですね。

北向きの風通しの良い窓際に置けばだいぶ違うと思いますよ。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

雨宿りにぴったりのカフェ。その名もレイン・オン・ザ・ルーフさん

 

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend