Loading

こんにちは。SHINPEIです。

先日の記事で、窓際に置いていたピレアを移動したことにちらっと触れました。

なぜか集めてしまうインテリアアイテム。

移動した理由は葉焼け。

うちの窓際は北向きで直射日光は夕方の一瞬だけだし、しかも磨りガラス。

そして昨年の夏は全然問題なかったのもあり、安心しきってました。

そしたら裏側(窓側)を見たところ葉が2〜3枚焼けちゃってまして(表からは分からないのです。ご注意)、早急に移動した次第です。

やはり今年の猛暑は規格外ですね、、

というわけで窓際に置く植物の布陣を再編成。

日光が大好きなものばかりを集めました。

舞乙女は現状維持。もうこの場所からは動かん!という意志すら感じます(笑)

この1年でだいぶ伸びたなぁ。

シェルフに置いていた残雪の峰もこちらの窓際部隊へ異動。

ハオルチア・十二の巻サンバースト綴化も現状維持。

サンバースト綴化は夏に葉を落とす珍しい多肉植物。

 

そして最近新たに加わったアデニウム・アラビカム

『砂漠のバラ』という和名で有名ですね。

こちらも日光が大好きな品種です。

こういったコーデックス、いわゆる塊根植物は、インビジブル・インクさんなどの個性的な鉢に植えるのがトレンドですが、ぼくはさらっとシンプルに。

アラビカムは水分を貯めることができるので、割と放置でOK。

逆にあげすぎると貯めた水分を放出しきれず、枯れてしまいます。

春〜秋は週に一回くらい、鉢底から溢れるくらいたっぷりと。

冬は葉を完全に落として休眠期に入るため断水します。

葉というのは貯めた水分を放出する機能を備えています。

その葉がないのに水をあげるとパンクしてしまう、という訳ですね。

弱点は寒さ。冬になったら必ず室内に入れてあげてください。

 

今回はうっかりムーンバレーにかわいそうなことをしてしまいました。

皆さまも今一度窓際の植物(特に裏側)のチェックをしてみることをおすすめします。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top