こんにちは。SHINPEIです。

今日は昨日の続きから。

代々木上原散歩の後編です。

 

foragerさんでスワッグを作って頂き、次に向かったのはこちらです。

 

BULLPENさん。

パドラーズコーヒーさんの姉妹店で、7/7にオープンしたばかりです。

オープン情報はこの界隈で働く知人にもらいました。

いやーこの界隈いっきにオシャレ度が上がりましたね。そしてまだどんどん発展していきそう。

 

店内はウッドを基調とした落ち着いた雰囲気。

ホテルのフロントみたいなレジカウンターがカッコいいですね。

取り扱うアイテムは国内やポートランドの作家もの中心で、ここでしか購入できないものばかり。

お値段はそれなりのものが多いですが、一生もののアートピースに出会える可能性が高いお店です。

 

実は今日はお目当てのアイテムがありました。

それがこちらです。

 

稲熊家具製作所さんの、ケヤキのテーブルランプ

雑誌、POPEYEでこちらのお店のオーナーが紹介してるのを見て一瞬で一目惚れ。

もしかしたらBULLPENさんで販売なさってるかもしれないと思い、行ってきた訳です。

 

こちらのランプは無垢のケヤキの木を削りだしたもの。

もちろん一点一点表情が違い、同じものはふたつとありません。

それぞれ違った魅力がありますが、木の節をデザインにとりこんだこちらが気に入り購入。

ずっと課題だった理想のテーブルランプに、ようやく出会えました、、

 

お値段はそこそこしますが、おそらくこれ以上のテーブルランプに巡り会うことはないでしょう。

 

取り急ぎディスプレイ。

フレームの中心軸をあえてずらしたディスプレイは初めて。ちょっと新鮮。

 

うーんいい雰囲気!最高です。

 

BULLPENさんの住所はこちら。

【追記】WEBサイトがオープンしたみたいです!

 

 

そしてBULLPENさんと同時オープンのお隣のこちら。

 

communeさん。

友人が運営するアートギャラリーです。

とてもエッジの効いた作家さんの作品ばかりがずらり並んでて、右脳が活性化します。

アート好きもそうでない方もぜひ。

 

それからあるいて3分程(ほんとこの界隈、良いお店が密集してるんです)、こちらのお店へ。

 

ELLA RECORDSさん。

さほど広くはない店内ですが、オールジャンルのツボを押さえたラインナップ。

ぼくはそんなに音楽に詳しいわけではないので、あまりにレコードの量が多すぎると困惑するんですよね。

こういうレコード屋さんが一番好きです。

今日の戦利品は3枚。

まずはこちら。

 

PAT METHENY 『WATERCOLORS』

PAT METHENY個人名義の1977年作。

PAT METHENY GROUPE名義の作品よりシンプルな演奏の印象。

壮大さは薄まってるけど、軽快で伸びやかな彼自身のギターが味わえる作品です。

ぼくがもしビアガーデンをオープンするなら、こういうのをBGMにしたいくらい、この時期屋外で聴くのに最高じゃないでしょうか。

 

続いて2枚目。

 

Bruce Cockburn 『joy will find a way』

ジャケもかわいいですね。

カナダのシンガーソングライター、Bruce Cokcburnの1975年作。

素朴なギターの弾き語りと美しい曲たち。

ポップだけど社会的メッセージを訴えてる、この曲が好き。

 

 

最後はこちら。

 

KEITH JARRETT 『THE KELN CONCERT』

息を飲む程の美しさと鳴り止まない歓声。

言わずと知れたピアノ・ジャズアルバムの大名盤です。

 

全編完全即興の芸術。

 

いやー久々に行った代々木上原はとても魅力的な街になってました。

まだまだ行ってみたいお店がありそうなので、また近々行ってみたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

スポンサーリンク

Follow me!

Recommend