Loading

こんにちは。SHINPEIです。

どんなお部屋でも、日当りの良いところもあれば、悪いところもあります。

観葉植物を育てるのに適した場所は一概に言えず、まさに適材適所。

ただぼくの部屋には、どんな植物でも再生させる、まさにパワースポットと言っていいほどの場所があるんです。

それがここ。

ソファの横のコーナー。

方角的には北東ですね。

一日中柔らかな光が入るだけでなく、すぐそばに窓があって風の抜けも最高なんです。

植物の中には、ほとんど手がかからない子もいれば、センシティブな子もいます。

ここに置いているのはうちのセンシティブ2巨頭(笑)

まずはアグラオネマ・シルバーキング

たしか以前にもご紹介させてもらいましたね。

ダリとレオンとアグラオネマ。

アグラオネマはここに置く前は西側の窓際に置いていました。

ぜんぜん日当りは悪くない場所だったんですが、目に見えて元気がなくなっていったんです。

葉がしなびて、茎がへなっーっと垂れ下がり、、

高温多湿好きなので大丈夫だと思ったんですが、どうもそこは気に入らなかったみたいで。

それで、試しにこちらに置いたところ、そりゃもう目に見えて元気になっていきました。

アグラオネマは何より『風』が好きなんですね。

プラントスタンドを使ったのも良かったみたいです。

 

育て方をまとめると、、

明るい半日陰で、風通しの良いところ。

水は土の表面が乾いたらたっぷり、葉水はまめに。

って感じですね。

 

続いてアロカシア・グリーンベルベット

グリーンベルベットはぼくの部屋にある、ポリーと同じ品種。

インテリアに映える観葉植物③【アロカシア・ポリー】

ただ男っぽいイメージのポリーとはちょっと違って、その名の通りベルベットのような美しいグリーンの葉が特徴の、少し繊細な印象の観葉植物です。

この子は最初、その爽やかな見た目からバスルームに置いてました。

そしたら同じように茎がだんだん下がってきて、おやこりゃいかんと。

で、このパワースポットに駆け込んだところこの子もご覧の通りピンピンに。

恐るべしパワースポット。

どんどん新しい葉をつけてきて一安心です。大きくなれよ。

 

育て方はアグラオネマと全く同じですね。

ただこの子のほうが少しだけ土が乾くのが早い印象です。

 

グリーンベルベットはうちの植物のなかではなかなか手がかかるもののひとつ。

お値段もこちらで¥4,500-くらいだったかな。

決してお安いとは言えませんので、風通しの良い明るい日陰がお部屋にない、という方は購入を控えられた方がいいかもしれません。

 

ちなみにぼくのうっかりで購入したジュエル・オーキッドも、しっかりパワースポットに鎮座してます(笑)

 

パワースポットに頼り過ぎてもちょっとアレですし、葉ものの購入は少し控えて、丈夫なサボテン系を増やしたいなと思ったりしてます。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

nukumukuさんのシナモンロールパイ。至福、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top