Loading

こんにちは。SHINPEIです。

今日は早めに帰宅して映画をひとつ観ました。

皆さんこちらご存知ですか?ご覧になった方いらっしゃいますかね。

スイス・アーミー・マン。

ざっとあらすじを言いますと、、

 

“無人島に漂流して、絶望のあまり自ら命を絶とうとしている主人公(ポール・ダノ)のところへ、水死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。

主人公はこの死体からガスが出ていることを発見。ジェットボートの要領で無人島から脱出に成功。

しかし様々な困難が2人を待ち受ける、、!”

 

これだけ聞くと、「お、観てみたい」なんて思う人まずいないでしょうね(笑)。B級感がすごい。

ぼくは知人のすすめで観てみたんですが、いやぁ、いろんな意味で衝撃的です、この映画。

説明したいんですが、ほんとに何から伝えていいのか分からない、、

ひとつ間違いなく言えるのは、この監督は天才ですね(そして変態)

困難に遭遇するたびに死体から新たな機能が発動する(その設定もすごいが)んで、スイス・アーミー・ナイフになぞらえてのタイトルなんですが、これも安易(笑)

普通にタイトルだけ聞いたらスイス軍の話?って思われそうですよね。

なのに、これでいこう!となる神経がもう清々しいほどにアホです。

 

でもですね。映像と音楽がとにかく無駄に(失礼)美しい!

監督はダニエル・クワンダニエル・シャイナートによる映像ユニット、ダニエルズで、主にミュージック・ビデオを手掛けられてるようですね。納得。

BGMも素晴らしい。

人の声やハンドクラップなどフィジカルのみで構築した音楽。

これがプリミティブな崇高さを作品に与えています。

 

最初こそ悪ふざけに見えますが、鑑賞を続けるうち、人間の死生感、、そう、人類はどこから生まれ、そしてどこに辿り着くのか、という壮大にして哲学的なテーマに正面から挑んだ作品なのでは、という気がしてきます(疲れてるんでしょうか)

これはB級映画の皮をかぶった人間讃歌なんだ、、と思った矢先にあのエンディング

まさに登場人物が思わず発するあの一言に尽きます。

「それな」って思いましたよね。

 

とにかく好き嫌いがまっぷたつに分かれる作品とは思いますが、この作品が好き!という人とは親友になれそうです(笑)

 

監督のダニエルズ。これがおそらく映画デビュー作なんでしょう。

次の作品がほんとに楽しみです。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

SHINPEI

やはりもう少し大きいモニターで観たいな、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top